読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016セブ冬旅・2017.1/3セブ最終日、その4

2016セブ冬旅最終日・・・AM3:00過ぎ 4時間後には、空港なのに・・・

残ってるのは、我々と、ローカルのフィリピン人の団体さんだけ・・・

そろそろ・・・お開きにしてホテルに帰らないと、マズイな(寝坊したら、シャレにならん)

そう言えば、Fちゃん・・・午前中にテキスト送ったのに、返事が無かったな・・・

「F・・・テキスト送っても、返事もくれないから・・・君とは、もうこれでサヨナラねぇ〜」

(ちょっと意地悪してやろう・・・)

『ロードが空っぽで、返事出来なかったの』

・・・・出たッ フィリピーナの常とう手段

今までに、何回このセリフを聞いたことか・・・

まぁ〜いいけど・・・

今日、帰国前にお礼も言いたいから・・・私のロードからphp50だけプレゼント

これで・・・お礼の連絡は出来そうだ

みんなに挨拶を済ませ・・・お礼を言って・・・Oさんにホテルまで送ってもらうことに・・・

ホテルに帰って来て、フロントで鍵を貰い部屋へ戻ろうとすると・・・

フロントの担当の娘っ子が・・・

『Sir wbhq・・・xkl・・・BOSS・・・CALL NOW・・・JUST WAIT PLEASE・・・』

・・・・????なんだ何を言ってるんだ

「・・・・???」不思議な顔をしていると・・・・

『BOSS・・・wdxz・・・gkq・・・sんb・・・CALL・・・NOW』

・・・・オーナーのTさんに、今から電話する気か

AM4:00だぞぉ〜

そりゃ・・・帰って来るのが遅かったのは、私のせいだが・・・ あっかぁ〜んやろぉ〜

AM4:00だぞぉ〜 非常識過ぎるやろぉ〜

  ウワッ掛けよった

『Good Morning Sir・・・dgz・・qdg・・・MR,KON・・・fgzqr・・・mbx・・・YES・・・』

ニヤリ( ̄ー ̄)・・・としながら電話を私に渡す娘っ子・・・

何か、とんでもない事したっけ ホテルの迷惑になるような事してないはずだが・・・

夜更かし?いやいや・・・

恐る恐る受話器を取ると・・・

【おはようございますkonさん・・・お疲れの所すいません・・・今日帰国でしたよね

実は、日本の親戚に送りたい荷物をkonさんにお預けして日本で送って頂きたいんですが・・・

何とかお願いできないでしょうか・・・】

「はぁ〜・・・」 頭が回っていない(酔いも、手伝ってるな)

「荷物を、お預かりして帰国後・・・郵便局から送ればいいんですか?」

【はい何とかお願いできませんでしょうか】

「いいですけど・・・」…ふと、横を見ると・・・娘っ子が、箱を持って微笑んでる・・・・

「これですか」

【はい住所も、すべて書いておきましたから・・・後は送るだけで・・・】

「判りましたお預かりします」  

【よろしくお願いします では・・・お気をつけてお帰り下さい・・・】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・良かったなんか怒られるのかと思ったが・・・・

部屋に戻って・・・ベッドに・・・・

・・・・・待てよ 改めて冷静に考えて・・・・

よく、TVなんかで・・・海外で荷物を預かって空港に行ったら捕まるって事件あったよな

まさか・・・・・・・

いやいや・・・長い付き合いのTさんが、そんなことするはず無い・・・

知らない人からとか、ローカルから頼まれたんなら断るけど・・・ホテルのオーナーのTさんだぞ。

色々お世話にもなって・・・懇意にしてくれてる人だぞ

そんな・・・私をハメるようなことは、しないはずだろう・・・

変な汗が出て来た・・・・

考えてても仕方ない持って帰ることを承諾してるんだから・・・

ここは・・・Tさんは、そんなことをしない・・・と、信じて・・・持って帰ろう

何だか・・・・考えてると・・・疲れて来た・・・・ 

・・・・テキスト・・・・Fちゃんからだ

返信・・・・

・・・・テキスト・・・・Fちゃんからだ

返信・・・・

あの娘ぇ〜・・・ロードが貰えたからって・・・何もこんな時間に送って来なくていいのに・・・

もう・・・AM4:00過ぎだぞぉ〜

しかも・・・寝付いた直後・・・

何度か、やり取りして・・・やっと終了・・・

これで・・・寝られる・・・って・・・もう2時間も、寝られないけど・・・

・・・・テキスト・・・・

・・・・・ジョエル・・・・・・・AM5:30

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・あのねぇ〜・・・君たちは良いだろうけど・・・私は・・・《辛い》

あああぁぁ・・・もう寝る時間も無くなった・・・