読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔面輪郭手術について

タルミの心配が無い顔面輪郭手術で滑らかなフェイスライン造り!

近年では、柔らかい印象と小顔効果を同時に得られる顔面輪郭手術が大変人気がある。フェイスラインを改善することによって、目と鼻がよりはっきりし、顔の比率とバランスを合わせて柔らかい印象と童顔効果が期待できる。

しかし、顔面輪郭手術を受ける数の増加に伴い、後遺症の事例も増えてきている。これは、自分に合わない手術方法が適用されたか、未熟のドクターにより引き起こされた手術時に起こりうる。よって、病院選びには慎重に慎重を重ねるべきである。

韓国TL整形外科チェ・セウン代表院長は、「顔面輪郭の手術前には必ず3D-CTを通して骨の構造を正確に理解し、患者様の状態に合う手術を進行することが大事である。また、神経線の位置、全体のバランスと調和を考慮した丁寧なカウンセリングを通し、手術の方法を決め、進行しなければならない」と伝えた。

顔面輪郭手術の代表的なものとして「頬骨縮小術」と「エラ縮小術」の二つがあり、この頃TL整形外科では輪郭手術後のタルミを防止できる「タイトニング3D頬骨縮小術」が高い人気を誇っている。タイトニング3D頬骨縮小術は、台形切開によって発達した頬骨の実質的なサイズを効果的に縮小すると同時に、両方向回転方式と上部密着固定を執行し出っ張った横頬骨を滑らかに改善しながら、タルミの防止効果も期待できる手術法である。

頬骨とエラ、両方が発達した場合、耳下のエラから横顎まで一気に矯正しシャープなフェイスラインに変化するだけではなく、エラの前まで切除して2次角を予防し、より効果的で尚且つナチュラルな顎ラインを造ることができる。

韓国TL整形外科チェ・セウン代表院長は、「副作用を最小化し満足的な結果を出すためには、豊富な手術経験とノウハウを兼ね備えた整形外科専門医と麻酔専門医が常駐しているかどうか、応急事態に迅速に対処できる安全システムと事後管理システム等を揃えた病院であるかどうかを入念にチェックし、慎重に手術を進行することが重要である」とアドバイスした。

韓国TL整形外科では、タイトニング3D頬骨縮小術を含めた全ての顔面輪郭手術前には、3D-CTを通した立体精密検査を行い、全体的バランスと調和を考慮した1:1オーダー整形を進行している。麻酔専門医の常駐はもちろん、顔面輪郭専門担当医療陳が手術の全過程を担っており、より安全、より完成度の高い手術のために万全を期している。

#韓国整形 #韓国美容 #韓国美容整形 #韓国輪郭手術 #韓国輪郭整形 #韓国輪郭縮小 #輪郭整形 #輪郭手術 #輪郭縮小 #顔面輪郭 #イベント #縮小 #頬骨縮小 #エラ縮小 #顎修正 #顎矯正 #顎整形 #顎 #人中縮小 #カンナム #オルチャン #カロスキル #韓国整形美人

#韓国美容整形外科 #韓国美容外科