読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬱憤

 わ〜かい娘が、「鬱憤」……すまぬ。いえね、鬱憤は、絵を描く時の紙みたいな創作の場に叩きつければよかったなと思ったもので。もっと早くそうしていれば、往来で泣き出したり、宗教に引っかかったりせずに済んだろうに。中学卒業して間なしの頃は、鬱憤を晴らす方法がなかったからねえ。今だって適切に鬱憤を晴らせてるかは、疑問だけど。

 正直、鬱憤を晴らすと言うのも、うんこするのと同じくらい人間には大切な行為ではなかろうか。うんこはトイレでするのと同じように、鬱憤の晴らし方も考えなきゃならないだろうけど。しかし、鬱憤鬱憤うるせえなあ、この文章。