読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

指先

指先の感覚は、繊細だ。

この感触ひとつで、その後の展開が大きく変わってくる。

頭を軽くたたく。

髪の毛を撫でる。

頬に触れる。

首筋を伝う。

肩を、鎖骨を、乳○、そのてっぺんへ。。。

その頃には、滴も溢れだしているでしょう。